ホーム書籍検索語学教科書新刊ドイツ書輸入テキスト
白雪姫たちの世紀末
闇の女王をめぐるヨーロッパ19世紀末の文化論
白雪姫をキーワードに、19世紀後半から20世紀はじめにかけてのヨーロッパ、特にオーストリアを中心とする文化を読み解きます。
著者
ジャンル
出版年月日 2010年8月1日
ISBN 9784261073034
判型・ページ数 四六・216ページ
定価 本体1,800円 + 税
在庫 在庫あり
ネットで購入
目次
はじめに
1黒い群れの女王
  コラム:受容美学
2 白雪姫と王妃
(1)王の不在
(2)本当は怖くないグリム童話
  コラム:メルヒェンの構造分析と様式分析
3 白いオフィーリア
(1)ランボーとオフィーリア
(2)ミレイのオフィーリア
  コラム:だまし絵
  コラム:エリザベス・シッダル
(3)漱石とオフィーリア
  コラム:ランスロットと、シャーロットの姫
(4)黒いオフィーリア―オフィーリアの歴史
  コラム:セーヌ川の身元不明の女
4 ユーディットの微笑み
  コラム:ルル
5 裏返しのピエタ
(1)ココシュカの『ピエタ』
(2)惨殺された人形 ココシュカとアルマ・マーラー・ヴェルフェル
6 ファッションの変貌
7 ウィーンのファッサーデ
8 王妃の物語 皇妃エリーザベトとウィーンの音楽
(1)エリーザベト・フォン・エスターライヒ
  コラム:シシーの映画
(2)フランツ・ヨーゼフとオペレッタ
  コラム:フランツ・ヨーゼフと文学
  コラム:ルートヴィヒ・アンツェングルーバーとその妻
(3)アルノルト・シェーンベルクと欠けている言葉
  コラム:オペラとオペレッタ
9 女性性との思想的対決
(1)解体の告知者 エルンスト・マッハ
(2)マッハ批判 フッサール
(3)女性性の克服 オットー・ヴァイニンガー
(4) ヒステリー女性への関心 ジークムント・フロイト
  コラム:父親殺し
10 闇の女王を越えて
(1)闇の女王の正体
(2)闇の女王のかなた
  コラム: 読書案内
あとがき
内容説明

「白雪姫」をキーワードに、19世紀後半から20世紀はじめにかけてのヨーロッパの文学と文化、特にオーストリアを中心とする文化(文学・思想・絵画・音楽・建築など)を読み解きます。
各章に読書案内・解説付。写真・図版多数。

・読売新聞書評 2010年11月7日 野家啓一氏 
・毎日新聞書評 2010年10月3日