ホーム書籍検索語学教科書新刊ドイツ書輸入テキスト
ドイツ語文法における文肢論の歴史と批判
文肢論が、なぜ相変わらず一般的妥当性を持ちうるのか。文肢論の過去と現在を見つめたハンス・グリンツの名著。
著者
ジャンル
出版年月日 2010年3月25日
ISBN 9784261072976
判型・ページ数 A5・138ページ
定価 本体2,200円 + 税
在庫 在庫あり
ネットで購入
内容説明

学校では低学年用とされ、学問的にも無視されてきた文肢論が、なぜ相変わらず一般的妥当性を持ちうるのか。そもそも文肢とは何で、言語構造の中でどんな役割を果しているのか。その答えは文肢という文法概念の紆余曲折の歴史の中にある。文肢論の過去と現在を見つめたハンス・グリンツの名著。